不滅のあなたへ あらすじ&感想

こんにちは、波黎ひろみです。

今回の作品は、現在NHKでアニメ放映もされている「不滅のあなたへ」です。

不滅のあなたへ

作者:大今良時
出版社:講談社
出版年月:2017.1〜


作者の大今良時さんは、私は聲の形からファンなのですが、前作同様NHK向きの作品だなーと思いながら読んでいます。

何か道徳めいているのに、切れ味が鋭いのが魅力だと思っています。


【あらすじ】
それははじめ、球だった。
あらゆるものを写しとるその球は、石になり、オオカミになり、そして1人の少年と出会った。
少年は誰もいなくなった集落で一人で暮らしていた。
集落の皆は、5年前に楽園を求めて旅に出たらしい。
ある日、少年は集落の皆を追って旅に出ることを決意する。
オオカミとなった球が少年と一緒に旅の先で見たものとは…

【感想】
アニメを観て改めて思いましたが、一話目の衝撃は凄かったですね。
相変わらず心を揺さぶる力が凄いです。
導入で分かりますが、かなり壮大なお話になります。

基本的には、フシが人間性を獲得し、そしてその後どう世界を構築していくか?といった話だと思います。
ゼロの状態からフシが成長していく様は見ていて面白いです。
フシは不死身なので、フシを取り巻くキャラクターは年数を経るごとに変わっていきます。
その、それぞれのキャラクターごとのサイドストーリーにも惹きつけられます。
わりと切なめなものが多く、私好みです(笑)

人間性を獲得した後、フシは自らの正義に基づいて行動を開始するわけなのですが…
このあたりから、物語は成長ではなく停滞と葛藤を主軸とした感じになります。
特に、ボンをきっかけとした変化によるところが大きいですね。
ちょっと、迷走している感じもあります。
フシ自身が迷走しているので当然と言えば当然かもしれません。
作者さんがどこまで計算して物語を書いているのか分からないのですが、かなり長いこと迷走している感があるので、私もそろそろ抜け出したいなーというのが本音です。
葛藤も悪くはないのですが、何か、すっきりした方向性のようなものが見いだせるといいな、と…

着地点は未だ見えないので、現在の評価は星4つです。
この壮大な物語を描き切るだけでも凄い気はしますが、作者さんなりの解答が示されると良いですね。
今後の展開に期待しています!


読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました